ヒゲ脱毛口コミ体験談 →ヒゲ脱毛で腫れや赤みがでた


ヒゲ脱毛で腫れや赤みがでた

ヒゲは他の部分に比べ、毛の密集度が高く、また1本1本の毛が濃く毛根も丈夫です。そのため、レーザーで脱毛するためにはレーザー出力を上げなければいけません。女性の腕や足と同じような出力でレーザー脱毛をしても、脱毛効果は得られないのです。

しかし、レーザーの出力を上げると、その分、毛根にレーザーが届いたときに放出する熱の温度が高温になるために周りの皮膚にダメージを与えることもあります。もしも、体質的に肌が弱い方だとレーザー脱毛で腫れややけど、赤みがでて、その後もなかなか治らないということがあります。

もしも、レーザー脱毛により腫れ・赤みがでたときは必ず病院に言って、腫れや赤みに対する適切な処置を受けて下さい。さもないと、火傷後が残ったり色素が沈着して、脱毛する前よりも肌にムラができ、汚く見えてしまいます。

レーザー脱毛に対して他の人よりも体質的に弱い人はいます。必ず、いきなりレーザー脱毛をするのは避け、まずはテスト照射をして肌の様子をみてください。そして肌に異常がなければ、実際にヒゲ脱毛を行うようにして下さい。

また、どうしてもレーザー脱毛だと相性が悪いという人は針脱毛もあります。針脱毛の場合、レーザー脱毛に比べて料金は割高になります。また、レーザー脱毛に比べて針脱毛は痛みが強いのでヒゲ脱毛の場合は局所麻酔をしてから脱毛をするのが一般的です。なので、局所麻酔のできる医療機関でしてもらうことをおすすめします。エステだと局所麻酔は医療行為に当たるのでできません。